労働時間関連

時間外労働・休日労働に関する協定届

書式の説明

労働者が法定労働時間を超える時間外労働、または法定休日に労働を行なう場合、労使間で「時間外労働・休日労働に関する協定届」を締結し所轄労働基準監督署長へ届け出なければなりません。この労使協定は、労働基準法第36条に規定されていることから一般的に「36協定」と呼ばれています。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

時間外労働・休日労働に関する協定届

【書式更新日】2012年3月22日

1年単位の変形労働時間制に関する労使協定書

書式の説明

「1年単位の変形労働時間制」とは、1箇月を超え1年以内の一定の期間を平均して1週間当たりの労働時間が40時間を超えないことを条件として、協定の定めにより特定された週、日において法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。労使協定を締結した上で所轄労働基準監督署長に届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

1年単位の変形労働時間制に関する労使協定書

【書式更新日】2012年3月22日

1年単位の変形労働時間制に関する協定届

書式の説明

「1年単位の変形労働時間制」とは、1箇月を超え1年以内の一定の期間を平均して1週間当たりの労働時間が40時間を超えないことを条件として、協定の定めにより特定された週、日において法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。労使協定を締結した上で所轄労働基準監督署長に届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

1年単位の変形労働時間制に関する協定届

【書式更新日】2012年3月22日

1箇月単位の変形労働時間制に関する協定書

書式の説明

「1箇月単位の変形労働時間制」とは1ヶ月以内の一定の期間を平均し、1週間あたりの労働時間が法定労働時間を超えない範囲内で、特定された週、日において法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。就業規則に規定するか、もしくは労使協定を締結して所轄労働基準監督署長へ届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

1箇月単位の変形労働時間制に関する協定書

【書式更新日】2012年3月22日

1箇月単位の変形労働時間制に関する協定届

書式の説明

「1箇月単位の変形労働時間制」とは1ヶ月以内の一定の期間を平均し、1週間あたりの労働時間が法定労働時間を超えない範囲内で、特定された週、日において法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。就業規則に規定するか、もしくは労使協定を締結して所轄労働基準監督署長へ届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

1箇月単位の変形労働時間制に関する協定届

【書式更新日】2012年3月22日

フレックスタイム制度に関する労使協定

書式の説明

「フレックスタイム制」とは、1か月以内の一定期間(清算期間)における総労働時間をあらかじめ定めておき、労働者はその枠内で各日の始業及び終業の時刻を自主的に決定し働く制度です。

1日の労働時間のうち、必ず勤務すべき時間帯を「コアタイム」、その時間帯の中であればいつ出社または退社してもよい時間帯を「フレキシブルタイム」といいます。なお、コアタイムは必ず設けなければならないものではありませんから、全部をフレキシブルタイムとすることもできます。また、これとは逆に、フレキシブルタイムが極端に短い場合などには、基本的に始業及び終業の時刻を労働者の決定に委ねたことにはならず、フレックスタイム制とはみなされませんので注意してください。

フレックスタイム制に関する労使協定は届け出る必要がありませんが、フレックスタイム制の適用を受ける労働者に、時間外労働または休日労働を行わせる場合には36協定を締結した上で所轄労働基準監督署に届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

フレックスタイム制度に関する労使協定

【書式更新日】2012年3月22日

事業場外労働のみなし労働時間制に関する協定書

書式の説明

「事業場外のみなし労働時間制」とは、事業場外で勤務する営業マン等、会社が労働時間を正確に把握することができない場合に、事業場外労働時間をあらかじめ定めた一定の時間とする制度です。

「あらかじめ定めた一定の時間」を、法定労働時間を超える時間とする場合には、労使協定を締結した上で所轄労働基準監督署に届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

事業場外労働のみなし労働時間制に関する協定書

【書式更新日】2012年3月22日

事業場外労働に関する協定届

書式の説明

「事業場外のみなし労働時間制」とは、事業場外で勤務する営業マン等、会社が労働時間を正確に把握することができない場合に、事業場外労働時間をあらかじめ定めた一定の時間とする制度です。

「あらかじめ定めた一定の時間」を、法定労働時間を超える時間とする場合には、労使協定を締結した上で所轄労働基準監督署に届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

事業場外労働に関する協定届

【書式更新日】2012年3月22日

専門業務型裁量労働制に関する協定書

書式の説明

「専門型裁量労働制」とは、業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務として厚生労働省が定めた19業務の中から、対象となる業務を労使で定め、労働者を実際にその業務に就かせた場合、労使間であらかじめ定めた時間働いたものとみなす制度です。

労使協定を締結した上で所轄労働基準監督署長に届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

専門業務型裁量労働制に関する協定書

【書式更新日】2012年3月22日

専門業務型裁量労働制に関する協定届

書式の説明

「専門型裁量労働制」とは、業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務として厚生労働省が定めた19業務の中から、対象となる業務を労使で定め、労働者を実際にその業務に就かせた場合、労使間であらかじめ定めた時間働いたものとみなす制度です。

労使協定を締結した上で所轄労働基準監督署長に届け出ることが必要です。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

専門業務型裁量労働制に関する協定届

【書式更新日】2012年3月22日

時間外・休日勤務申請書

書式の説明

時間外・休日勤務申請書は、従業員が所定労働時間を超えて、または休日に勤務しなければならない事由が生じた場合に提出させる書類です。

ただし、時間外労働・休日労働は必要最小限にとどめられるべきです。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、エクセル用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

時間外・休日勤務申請書

【書式更新日】2012年3月22日

有給休暇・特別休暇申請書

書式の説明

年次有給休暇は、雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し、全所定労働日の8割以上出勤した労働者に対して、与えるものです。年次有給休暇は労働者が請求する時季に与えることになっており、使用者は、事業の正常な運営を妨げる場合以外は、労働者が指定した日に年次有給休暇を付与しなければなりません。年次有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額や不利益な取扱いを行うことは、労働基準法で禁止されています。

特別休暇は法律により付与を義務付けられた休暇ではなく、会社が任意に定めることができる休暇で、特別休暇の定めをした場合は就業規則等に記載しなければなりません。

書式のダウンロード

無料書式にはPDF、ワード用データの2種類がございます。ご利用方法に合わせてダウンロードしてください。

書式イメージ

有給休暇・特別休暇申請書

【書式更新日】2012年3月22日

ページトップへ